クローズド(プロ用)コース

以下の料金は全て税込の金額です。


Fighting Pistol 1 (FP1) - 実戦的拳銃1

 Fighting Pistol Level 1では、限られたスペース内におけるCQBピストル射撃テクニックをメインに、命中精度に重点を置いた様々なドリルを実施します。また、訓練生はこのコースを通じ、銃撃戦における人間の心理とそれが身体へ及ぼす影響を学習することに加えて、生き残るために必要な心構えの習得に取り組みます。

受講料:10,000円/1名(出張費・施設利用料別)

訓練時間:8.5時間(昼食休憩1時間を含む)

受講資格:なし

最小催行人数:2名/最大許容人数:10名


Fighting Pistol 2 (FP2) ‐ 実戦的拳銃2

 Fighting Pistol Level 2では、Fighting Pistol Level 1で身に付けたテクニックを基に、速さと命中精度の双方が要求される局面でのテクニックの習得を始め、移動間における様々な射撃技術と戦術を訓練します。訓練生はこのコースを履修することで、個人に必要とされる高いレベルの戦術と技術を学習することが出来ます。

受講料:10,000円/1名(出張費・施設利用料別)

訓練時間:8.5時間(昼食休憩1時間を含む)

受講資格:FP1修了者

最小催行人数:2名/最大許容人数:10名


Fighting Rifle 1 (FR1) ‐ 実戦的小銃1

 Fighting Rifle Level 1では、限られたスペース内におけるCQBライフル射撃テクニックをメインに、命中精度に重点を置いた様々なドリルを実施します。また、訓練生はこのコースを通じ、銃撃戦における人間の心理とそれが身体へ及ぼす影響を学習することに加えて、生き残るために必要な心構えの習得に取り組みます。(ストック付のサブマシンガンでの受講も可能です。)

受講料:10,000円/1名(出張費・施設利用料別)

訓練時間:8.5時間(昼食休憩1時間を含む)

受講資格:なし

最小催行人数:2名/最大許容人数:10名


Fighting Rifle 2 (FR2) ‐ 実戦的小銃2

 Fighting Rifle Level 2では、Fighting Rifle Level 1で身に付けたテクニックを基に、速さと命中精度の双方が要求される局面でのテクニックの習得を始め、移動間における様々な射撃技術と戦術を訓練します。訓練生はこのコースを履修することで、個人に必要とされる高いレベルの戦術と技術を学習することが出来ます。(ストック付のサブマシンガンでの受講も可能です。)

受講料:10,000円/1名(出張費・施設利用料別)

訓練時間:8.5時間(昼食休憩1時間を含む)

受講資格:FR1修了者

最小催行人数:2名/最大許容人数:10名


Fighting Shotgun 1 (FS1) ‐ 実戦的散弾銃1

 Fighting Shotgun Level 1では、限られたスペース内におけるCQBショットガン射撃テクニックをメインに、命中精度に重点を置いた様々なドリルを実施します。また、訓練生はこのコースを通じ、銃撃戦における人間の心理とそれが身体へ及ぼす影響を学習することに加えて、生き残るために必要な心構えの習得に取り組みます。

受講料:10,000円/1名(出張費・施設利用料別)

訓練時間:8.5時間(昼食休憩1時間を含む)

受講資格:なし

最小催行人数:2名/最大許容人数:10名


Fighting Shotgun 2 (FS2) ‐ 実戦的散弾銃2

 Fighting Shotgun Level 2では、Fighting Shotgun Level 1で身に付けたテクニックを基に、速さと命中精度の双方が要求される局面でのテクニックの習得を始め、移動間における様々な射撃技術と戦術を訓練します。訓練生はこのコースを履修することで、個人に必要とされる高いレベルの戦術と技術を学習することが出来ます。

受講料:10,000円/1名(出張費・施設利用料別)

訓練時間:8.5時間(昼食休憩1時間を含む)

受講資格:FS1修了者

最小催行人数:2名/最大許容人数:10名


Close Quaters Gunfight (CQG) - 近接戦闘射撃

 Close Quarters Gunfightでは、各ウェポン・クラスで習得した戦術とテクニックを基に、より実戦的な近接戦闘シナリオを想定した訓練を行います。訓練生はこのコースを通じ、複数の脅威に対する戦術や近接戦闘時に起こり得る問題への対処法に加え、単独でのコーナリングやエントリーといった対アクティブシューター戦術を訓練します。

 *使用できるエアガンの種類は、レベル2を修了したウェポンシステムに限ります。

受講料:10,000円/1名(出張費・施設利用料別)

訓練時間:8.5時間(昼食休憩1時間を含む)

受講資格:FP2、FS2又はFR2修了者

最小催行人数:2名/最大許容人数:10名


Vehicle Tactics (VT) - 車両戦術

 Vehicle Tacticsでは、単独車両あるいは車列が伏撃を受けた際に必要な基礎知識と戦術を訓練します。訓練生はこのコースを通じ、車両戦術特有の問題点などの理解に加え、テロリストや敵部隊による銃撃やIED攻撃への対伏撃要領や、敵やテロリストの確保あるいは人質の救出を目的とした車両伏撃戦術を訓練します。

 *使用できるエアガンの種類は、レベル2を修了したウェポンシステムに限ります。

受講料:10,000円/1名(出張費・施設利用料別)

訓練時間:8.5時間(昼食休憩1時間を含む)

受講資格:FP2、FS2又はFR2(必須)またはSUT-B(推奨)修了者

最小催行人数:4名/最大許容人数:12名

*当コースを実施するには、標的として用いる事が可能な車両が必要です。また、当該車両のドアは開閉可能で、かつ窓を下せることが出来ることが使用可否の絶対条件となります。受講希望者は、必ず予約手続きの前に予定している訓練施設の詳細を連絡を伝えて頂き、事前調整にご協力下さい。


Small Unit Tactics - Basic (SUT-B) - 小規模部隊戦術(基礎)

 Small Unit Tactics-Basicでは、各ウェポン・クラスで身に付けたテクニックを基に野外と市街地の双方での状況を想定し、2人組/4人組~分隊規模で編成された小規模部隊に必要な戦術を訓練します。訓練生はこのコースを通じ、各種戦術に加えリーダーシップやコミュニケーションなどのチームワークを重点的に訓練します。

 *使用できるエアガンの種類は、レベル2を修了したウェポンシステムに限ります。

受講料:10,000円/1名(出張費・施設利用料別)

訓練時間:8.5時間(昼食休憩1時間を含む)

受講資格:FP2、FS2又はFR2修了者

最小催行人数:4名/最大許容人数:12名


Small Unit Tactics - Ambush & Counter Ambush (SUT-ACA) - 小規模部隊戦術(伏撃・対伏撃)

 Small Unit Tactics-ACAでは、SUT-Bにて訓練した基礎的なチーム戦術を基に、小規模部隊に必要とされる伏撃と対伏撃要領を訓練します。訓練生はこのコースを通じ、敵勢力の攻撃に対する数種の離脱・反撃要領を訓練すると共に、小規模部隊が取り得る敵勢力への攻撃要領を訓練します。

 *使用できるエアガンの種類は、SUT-Bを修了したウェポンシステムに限ります。

受講料:10,000円/1名(出張費・施設利用料別)

訓練時間:8.5時間(昼食休憩1時間を含む)

受講資格:SUT-B修了者

最小催行人数:4名/最大許容人数:12名

*当コースは訓練施設の形状・構造・設備などにより実施の可否が左右されます。受講希望者は、必ず予約手続きの前に予定している訓練施設の詳細を連絡を伝えて頂き、事前調整にご協力下さい。


Small Unit Tactics - CQB 1A (SUT-CQB1A) - 小規模部隊戦術(CQB 1A)

 Small Unit Tactics-CQB 1Aでは、SUT-Bにて訓練した基礎的なチーム戦術を基に、市街地や屋内での戦闘に必要とされる戦術を訓練します。訓練生はこのコースを通じ、建物への接近から建物への突入、様々なタイプの廊下の移動といったCQB戦術を訓練します。

 *使用できるエアガンの種類は、SUT-Bを修了したウェポンシステムに限ります。

受講料:10,000円/1名(出張費・施設利用料別)

訓練時間:8.5時間(昼食休憩1時間を含む)

受講資格:SUT-B修了者

*射撃を伴わない「動き」のみの戦術訓練とする場合は、機動隊銃器対策隊または陸自普通科(及び準ずる部隊)隊員であればSUT-B修了者である制限はありません。

最小催行人数:4名/最大許容人数:12名

*当コースは訓練施設の構造・設備などにより実施の可否が左右されます。受講希望者は、必ず予約手続きの前に予定している訓練施設の詳細を連絡を伝えて頂き、事前調整にご協力下さい。

*また、戦術訓練として「動き」のみの訓練とする場合は、隊舎など射撃出来ない環境でも実施可能です。ご相談下さい。


Small Unit Tactics - CQB 1B (SUT-CQB1B) - 小規模部隊戦術(CQB 1B)

 Small Unit Tactics-CQB 1Bでは、SUT-Bにて訓練した基礎的なチーム戦術を基に、屋内での戦闘に必要とされる様々な戦術を訓練します。訓練生はこのコースを通じ、様々な構造の部屋への突入や室内の障害物への対応といったCQB戦術を訓練します。

 *使用できるエアガンの種類は、SUT-Bを修了したウェポンシステムに限ります。

受講料:10,000円/1名(出張費・施設利用料別)

訓練時間:8.5時間(昼食休憩1時間を含む)

受講資格:SUT-B修了者

*射撃を伴わない「動き」のみの戦術訓練とする場合は、機動隊銃器対策隊または陸自普通科(及び準ずる部隊)隊員であればSUT-B修了者である制限はありません。

最小催行人数:4名/最大許容人数:12名

*当コースは訓練施設の構造・設備などにより実施の可否が左右されます。受講希望者は、必ず予約手続きの前に予定している訓練施設の詳細を連絡を伝えて頂き、事前調整にご協力下さい。

*また、戦術訓練として「動き」のみの訓練とする場合は、隊舎など射撃出来ない環境でも実施可能です。ご相談下さい。


Small Unit Tactics - CQB 2 (SUT-CQB2) - 小規模部隊戦術(CQB 2)

 Small Unit Tactics-CQB 2では、SUT-CQB 1A及び1Bにて訓練した各種戦術を基に、上級レベルの戦術を訓練します。訓練生はこのコースを通じ、スナイパーとの連携、ホステージ・レスキュー、フラッド戦術などの高いレベルのCQB戦術を訓練すると共に、総合演習としてForce-on-Force訓練を実施します。

 *使用できるエアガンの種類は、SUT-CQB 1A及び1Bを修了したウェポンシステムに限ります。

受講料:10,000円/1名(出張費・施設利用料別)

訓練時間:8.5時間(昼食休憩1時間を含む)

受講資格:SUT-CQB 1A及び1B修了者

最小催行人数:6名/最大許容人数:18名

*当コースは訓練施設の構造・設備などにより実施の可否が左右されます。受講希望者は、必ず予約手続きの前に予定している訓練施設の詳細を連絡を伝えて頂き、事前調整にご協力下さい。


Low-Light Operations 1 (LLO1) - 低照度作戦1

 Low-Light Operations 1では、各ウェポン・クラスで身に付けたテクニックを基に、個人レベルで必要とされる低照度及び無照度環境下での射撃技術と戦術を訓練します。

 *使用できるエアガンの種類は、レベル2を修了したウェポンシステムに限ります。

 このコースは夕方から訓練を開始します。ただし、照明を消すことで低照度環境を整えられる会場においては、日中の訓練も可能です。

受講料:5,000円/1名(出張費・施設利用料別)

訓練時間:4.5時間(休憩なし)

受講資格:FP2、FS2又はFR2修了者

最小催行人数:2名/最大許容人数:10名


Low-Light Operations 2 (LLO2) - 低照度作戦2

 Low-Light Operations 2では、LLO1にて訓練したテクニックを基に、低照度及び無照度環境下におけるチーム戦術を訓練します。

 *使用できるエアガンの種類は、LLO1及びSUT-Bを修了したウェポンシステムに限ります。

 このコースは夕方から訓練を開始します。ただし、照明を消すことで低照度環境を整えられる会場においては、日中の訓練も可能です。

受講料:5,000円/1名(出張費・施設利用料別)

訓練時間:4.5時間(休憩なし)

受講資格:LLO1及びSUT-B修了者

最小催行人数:4名/最大許容人数:12名


Combat Lifesaver 1 (CLS1) - 戦闘衛生1

 Combat Life Saver 1では、最新のTCCCコンセプトに基づいた戦闘衛生技術を訓練します。訓練生はこのコースを通じ、CLSの役割と医療キットの取り扱い方法を学習すると共に、戦闘という特殊な環境における特殊な症状についても学習します。

 このコースはフィールド以外(ご自宅や会議室など)でも実施可能です。ただし、部外者が訓練中にアクセス出来ないことを確認して下さい。なお、当コースへは現職の消防官も参加可能です。

受講料:10,000円/1名(出張費・施設利用料別)

訓練時間:8.5時間(昼食休憩1時間を含む)

受講資格:なし

最小催行人数:4名/最大許容人数:10名


Combat Lifesaver 2 (CLS2) - 戦闘衛生2

 Combat Life Saver 2では、CLS1にて学んだ基礎知識を基に、実際に戦闘環境を想定したシナリオドリルを実施します。訓練生はこのコースを通じ、Care Under Fire及びTactical Field Careの段階においてCLSが行う様々な技術を訓練します。

 このコースは戦闘状況を模した動きを実施しますので、屋内・屋外を問わずゲーム専用フィールドなどで実施することが望まれます。なお、当コースへは現職の消防官も参加可能です。

受講料:10,000円/1名(出張費・施設利用料別)

訓練時間:8.5時間(昼食休憩1時間を含む)

受講資格:CLS1修了者

最小催行人数:4名/最大許容人数:12名


Qualification Course - Modified (QCM) - 検定射撃コース

 海外の様々な部隊やトレーニングスクールで用いられている実戦的な検定課目を実施するコースです。実戦経験に裏打ちされた検定課目を受けることで、個人の技術レベルだけでなく所属する部隊の射撃技術レベルを再確認する機会が得られます。なお、全てのコースはエアガン用に一部アレンジを加えていることから、本コースはModified(変更、改修)と命名されています。

受講料:8,000円/1名(出張費・施設利用料別)

訓練時間:7時間(昼食休憩1時間を含む)

受講資格:なし

最小催行人数:2名/最大許容人数:8名