フィールド/レンジに必要な設備(全コース共通)

1)ターゲットスタンド

  ・ブロックに150センチ前後の長さの木材を差し込んだもの、

  ・固定物の間にターゲットをぶら下げるためのロープを張ったもの、

   または

  ・150センチ前後の高さまで積み上げたダンボール箱

 など、ターゲットを貼り付ける(ぶら下げる)ための固定物が人数分必要です。(屋外フィールドにおいては、地物(樹木等)を利用することも可能です。)

 *ターゲットは当方が用意します。

 

2)バックストップ(又は立ち入り制限エリア)

 バックストップとは、弾が飛んでいく方向(ダウンレンジ)の先にある、弾を受け止める壁等のことを指します。特に壁になる物が無い場合、安全管理上ダウンレンジ方向に人が立ち入らない様な措置が必要です。

 

3)屋根のあるエリア

 休憩中に直射日光や雨風から身を守るためにあれば望ましいです。荷物置き場としても活用出来ます。

 

4)トイレ

 特に女性が参加される場合は必須です。

 

5)更衣室

 特に女性が参加される場合は必須です。

 

6)その他

 施設が有するバリケード等があればトレーニングに使用します。また、落下したマガジン(及び床材)の保護のため、マット・毛布・タープなど地面や床に敷くものがあればご用意下さい。

 

*10名程度参加の場合に最低限必要な広さの目安

 プロ用コース:

 ・FP1、FR1及びFS1:テニスコート半面以上

 ・FP2、FR2及、FS2及びLLO1テニスコート1面以上

 ・LLO2、CQG及びSUT-B:テニスコート2面以上かつバックストップ2方向以上

 ・CLS1:参加者全員が同時に動き回れる十分なスペース

 ・CLS2:テニスコート2面以上かつ障害物(植生や起伏など)があること

 *VT、SUT-A&CA、SUT-CQB1A/1B、SUT-CQB2にあっては、必ず事前に訓練場所の写真等を添付して連絡をお願いします。

 

 一般用コース:

 ・Close Quarters Pistolコース:テニスコート半面以上

 ・Close Quarters Rifleコース:テニスコート1面以上

 ・Team Tacticsコース:テニスコート2面以上かつバックストップ2方向以上

 ・Combat Patrol/Close Quarters Battle:実施希望フィールドの写真等をお送り下さい。

 ・Basic Sniper Operationコース:テニスコート2面以上かつ起伏や障害物があること

 

*実施をお考え中の会場の写真などをメールで送って頂ければ、開催の可否を判断させて頂きます。ご遠慮なくご相談下さい。