FAQ(よくある質問)

1)どんな内容の訓練ですか?

-欧米の複数のタクティカル・スクールにて長年に渡り多くのトレーニングを受けてきたインストラクターが、自身の公安職としての経験を踏まえ、エアガンを用いて実施可能な実戦的ドリルとして構築したトレーニングです。なお、プログラムのバックボーンとなっている理論や技術は、米陸軍特殊部隊・米海兵隊SOTG・豪陸軍特殊部隊・イスラエル軍特殊部隊などの出身者から直接学んだものに基づいております。

 

2)雨でも訓練をやるのですか?

-台風や吹雪でもない限り、原則実施します。ただし、電動ガンの特性を考慮し、降雨状態により適宜判断させて頂きます。電動ガンのコネクター部やモーター部など、防水処理が可能でしたらお勧め致します。

 

3)受講料が高くないですか?

-実際に海外に訓練を受けに行くとなると、受講料・弾代・飛行機代・レンタカー代・ホテル代・食費等が発生することから、1週間の訓練で50万円程度かかります。海外での訓練に極めて近い内容の訓練をご自宅の近くで出来るとなれば、当スクールの受講料は必ずしも高いものではないと思います。

 

4)なぜ訓練には出張費が発生するのですか?

仮に当スクールが本拠地を有していた場合、お客様は各自で移動のための交通費や宿泊費をご負担することになります。お客様が希望する開催地にてトレーニングを実施することから、その代わりに出張費という形で、インストラクターの交通費などを負担して頂くシステムを採用しております。また、参加者にて出張費を均等負担して頂くことで、仮に各自で移動・宿泊した場合と比較して1人あたりのご負担額は安くなっているはずです。

 

5)予備自衛官補です。プロ用コースを受けられますか?

-予備自衛官補は自衛隊での基礎を身につけることが最優先課題です。自衛隊の基礎を身に付け、予備自衛官に任官されるまではプロ用コースの受講はお断りしております(一般用コースは受けられます)。同様に、警察学校生や自衛官候補生なども所定の初任教養課程を修了されるまではお断りしております。むしろ、それら訓練期間中は当方にてトレーニングを受ける時間的余裕は皆無かと思われます。

 

6)トレーニングでは訓練生をストレス下に置くと聞きましたが、殴られたり肉体的苦痛を与えられるのですか?

-ご安心下さい、民間人相手に手足は一切出しません。

 

7)見学できますか?

-できます。ただし受講者と同額の料金をお支払い頂きます。出張費につきましても受講者と同様に均等負担して頂きます。また、見学者は一切実訓練には参加出来ませんので予めご理解下さい。

 

8)訓練の様子を写真/ビデオ撮影することは可能ですか?

-不可能ではないですが訓練中に撮影する余裕はないと思います。また、お客様にて撮影された画像・映像や録音された音声等を、当方の許可なく雑誌、ブログや動画サイト等に掲載されることを禁止していると共に、一部の訓練につきましては撮影不可とさせて頂いております。ただし、当方が広報目的で訓練の様子を撮影することはあります。

 

9)営内で実施できますか?

-営内で実施可能か否かの判断については、施設管理者(駐屯地司令等)に委ねられています。各施設ごとに方針が異なるようですので、営内での実施をお考えの場合は「部外者による営利目的でのトレーニングが実施可能か否か」を然るべき権限者から許可を取って頂く必要があります。